愛媛大学国際連携推進機構
   English    Japanese 


HOME > 留学したい方・留学中の方 > 留学前~留学中~留学後のQ&A > 留学中 > お金の管理について


お金の管理について

留学についての相談の中で,お金の管理についての相談を受けることが多くあります。ここでは,簡単にお金の管理についての説明をします。

海外留学や研修の際には,二つのポイントがあります。まずお金をどうやって海外へ持って行くのか,そして,そのお金を海外でどのように管理するのかです。

1. お金の持って行き方

海外にお金を持って行くにはいろいろな方法がありますが,以下に代表的な方法を説明します。

① 現金

現金を日本の円,あるいは現地の通貨に交換して持って行く方法です。キャッシュレスが進んでいると言われる国でも,現金をある程度持っている必要はありますが,多額の現金を持ち歩くのは危険です。

② トラベラーズチェック(T/C)

渡航にあたっては,一部を現金,一部をトラベラーズチェック(T/C)で持って行くことを勧めます。T/Cは盗難に遭った場合に,現地の銀行で再発行してもらうことができます。パスポート・控えとT/Cは別々に保管してください。

③ クレジットカード

最近は,クレジットカードで海外の銀行のATMから現金を引き出すことができるようになりました。このためには暗証番号が必要です。一度に引き出せる金額などに制限がありますから,日本を出発する前にクレジットカードの発行会社に確認しておいてください。ちなみに生協の学生向きTUOカード(大学生協のクレジット機能付組合員証カードで入会金,年会費は無料)は事前に申し込みをしておけば,一ヶ月に10万円までの利用ができます。ただし,日本の預金口座の管理をきちんとしておきましょう。

④ インターナショナルカード

大手の都市銀行では,海外のATMでも現金が引き出せるインターナショナルカードを発行しています。これは,日本国内の口座に残高があれば,引き出した金額が円に換算されて,国内口座から引き落とされます。一回の引出金額には制限がありますので,日本を出発する前に発行銀行に確認しておきましょう。

発行銀行は,クレジットカードと同じように現金を引き出せることを保証しているわけではありません。したがって,通信障害や現地の銀行で取り扱いがない等により使用できない場合があります。

⑤ 送金

留学などの長期滞在のときは,渡航先の銀行に口座を開き,その口座に日本の親族などから送金してもらう方法があります。送金は,日本国内の銀行の本支店からできますから,送金方法などを事前に銀行の窓口で確認しておくことを勧めます。

なお,送金の依頼には,送金先の銀行についての詳しい情報が必要になりますので,あらかじめ日本の銀行で確認しておき,送金先の銀行の支店名,住所,銀行コードや口座番号に加えてどんな情報が求められるのかを調べておきましょう。銀行からの電信送金は,一回に5,000円程度の手数料がかかりますが,通常は2~3日で入金されます。郵便局からの送金では,手数料は2,500円ですが,10日以上かかるときがあります。

いずれにしても,海外送金には思わぬトラブルが起こることがありますので,余裕を持った送金をするようにしてください。

 2. 当初持って行く金額はいくらか?

当初,携行する外貨額はもちろん人によって違いますが,ここでは留学の場合のおおよその目安を説明します。

第一に,到着してから宿舎が決まるまでの期間の出費です。これには到着後の交通費,食費,宿舎代などが含まれます。大学によっては現地に到着後,2週間程度ホテルでの生活を余儀なくされる場合があります。クレジットカードで支払える場合も多いですが,その他の小さな出費は現金がないと不便です。

また,通常,銀行口座の開設までにしばらくの時間を要します。面倒なようでも,最低一ヶ月の生活費程度は現金とT/C で持って行くことを勧めます。

 3 .銀行口座の開設(留学など長期滞在の場合)

目的地に着いてホッと一息ついたら,早速銀行に口座を開きましょう。その理由は,現金でお金を持っていることは危険だからです。また,日本からのお金の取り寄せや,大学によっては学費の支払いなどにも口座が必要です。口座を開く銀行は,大学近辺の銀行がよいでしょう。学生の取り扱いに慣れていますし,近い方が何かと便利です。どこの銀行がよいかは,大学の関係者に聞いてみましょう。口座の開設には,パスポートや,国により住民登録のコピーなども必要となることがあります。いずれにしても,まず銀行に行ってみて,手続きの方法をよく聞いてください。

 

(過去の事例)

留学先で口座を開いたが,使い方が分からないままにキャッシュカードをもらった。
週末ATMでお金を引き出そうとしたところ,誤った暗証番号を三回入力したら,ATMがカードを飲み込んでしまった。
週末,知人のいない街で寂しい思いをした・・・など

  💡 カードの使い方は最初によく聞いておきましょう