愛媛大学国際連携推進機構
   English    Japanese 


HOME > 【国際連携推進機構の紹介】 > 国際教育支援センター


国際教育支援センター

国際教育支援センター

 

施設の理念

国際教育支援センターは「国籍を問わず,広く国際的視野を有する人材の育成」を目標に活動 しています。人と人とのつながりを重視し「体験と対話」「相互交流ネットワークの構築」を共通コンセプトとする国際教育支援センターの活動範囲は,留学生 向けの日本語教育・生活支援に留まらず,日本人学生を主対象にした教育活動や海外派遣のサポート,さらにはキャンパスでの交流環境整備や地域での共生支援 など,きわめて多岐にわたっています。

施設の概要

国際教育支援センターの活動は重層的・複合的なものばかりですが,あえて区分するなら大きく4つの領域に分かれます。

    • 外国人留学生向け教育プログラムの提供

レベル別編成の「日本語A~E」,日本語予備教育コース,英語による「日本文化・日本事情」などを提供しています。なかでも短期集中型の初期適応クラス「サバイバルコース」は日本語学習と生活知識の提供を組み合わせた実践的な内容で,高い評価を得ています。

    • 日本人学生向け教育プログラムの提供

異文化理解・多文化共生の観点から見た場合,留学 生教育と日本人学生教育は不可分のものであるはずです。センターでは「日本語教員養成プログラム構想」を軸に,国際理解のための教育プログラムの提供をは じめ,短期海外研修プログラムの運営,留学相談,さらには安全確保のための体制整備などを進めています。

    • 「キャンパスの国際化」に向けての活動支援

日本人学生への教育・支援と留学生に対する教育・ 支援は表裏一体のものです。留学生と日本人とが語り合い,協働し,ともに実りある成果が得られるよう,センターでは日本語学習支援ボランティア「J- support」の組織化や大学公認学生ボランティア組織「国際交流コーディネーター(ICO)」の活動支援等,キャンパスの国際化に向けての支援活動を 行なっています。

また,愛媛大学留学生協議会(AISA)は,留学生相互の交流を深めることを目的としています。

    • 地域における国際交流

当たり前のことですが,留学生の生活の多くはキャ ンパスの外で営まれます。キャンパス内での活動だけでなく,キャンパス外での生活も支援するため,国際教育支援センターでは地域のボランティア団体等と連 携し,不要になった家具や生活用品を集め留学生に提供するなどの,さまざまな支援活動を行なっています。
また,地域とともに学び,育てあう「地域での国際化」を支援するため,地域の小・中学校で母国の言葉や文化について紹介する「学校訪問」などの活動を行 なっています。さらに,「日本語スピーチコンテストin愛媛」の運営や日本語支援ボランティア養成のための市民講座開設など,地域における国際交流推進の ための活動を続けています。

ひとこと紹介

国際交流の主役は,あなたです。センターは,名称が示すとおり,そのためのお手伝いをするために活動しています。興味をもたれた方は,ぜひセンターの活動に参加してください。