愛媛大学国際連携推進機構
   English    Japanese 


HOME > 松山の生活情報 > アルバイトをする場合


アルバイトをする場合

在留資格が『留学』の外国人は、就労することが認められません。アルバイトをするためには資格外活動の許可を受ける必要がありますので,国際連携課に申し出てください。資格外活動の許可がおりたら,必ず在留カードのコピーを国際連携課へ提出してください。本学でティーチング・アシスタント(TA)およびリサーチ・アシスタント(RA)のアルバイトを行う場合は資格外活動許可は必要ありません。資格外活動の許可期間は在留期間と同じです。ビザを更新後に資格外活動許可を更新する必要がありますので注意してください。

◆必要書類

資格外活動許可申請書(入国管理局発行様式)(用紙は国際連携課にもあります)
②パスポート
③在留カード(写)

◆提出先

入国管理局

これらの手続を済ませた留学生は正規生、交換留学生、科目等履修生などの区別に関係なく、1週について28時間以内(夏期、冬期および春期休暇中は1日8時間以内)の活動を行うことが許可されます。

※風俗営業や風俗関連営業が行われる場所でのアルバイトは禁じられています。スナック、ナイトクラブ、客の接待をして飲食させるバー・喫茶店などでは皿洗いや掃除をすることも禁止されています。