愛媛大学国際連携推進機構

ホーム > 国際連携推進機構について

国際連携推進機構について/About IIR

国際連携推進機構について

機構の理念

国際連携推進機構は、愛媛大学の理念と目標に沿い、国際戦略の構築、国際連携事業の推進、学生の国際交流の強化等を通じて、本学の教育・研究の国際化及び人材育成に寄与することを目的に平成21年4月に設置されました。

機構の概要

本機構は、愛媛大学の教育と研究両面における国際化の推進とともに、学術・文化面における一層の国際貢献の進展を目指して、様々な活動の支援と環境整備を行い、国の留学生30万人計画に対応した組織的な取り組み、Local to Localに特化した国際連携展開、世界と協働できるグローバル人材育成プログラムによる留学生の就職支援体制構築、日本語教育のプログラムを活用したアジアとの連携など、種々の意欲的な取り組みを展開してきました。

組織的には国際連携企画室、国際教育支援センター、アジア・アフリカ交流センターで構成されています。

国際連携企画室
施設の理念

大学が担う国際連携という領域において、他に抜きんでる機構を機能させ、学術交流、学生交流、国際交流ネットワークなどを柱として、愛媛大学の掲げる「地域に根ざし学生とともに世界に発信する大学」という国際交流を戦略的に企画します。

施設の概要

国際連携企画室は、愛大ミューズの2階に位置し、恵まれた環境のもとに国際連携に必要な事業の企画・推進を図ります。

学術交流、学生交流、国際交流ネットワークなどの国際交流事業をスムーズに行うための環境整備や充実のための施設・スタッフを備えており、また、広く海外 の大学や国内の大学との連携を計る環境作り、愛媛大学内の諸学部や諸センターとの提携を持つシステム作りなどを企画しています。一方、国際貢献のための開 発援助について強化を図ります。

国際教育支援センター
施設の理念

国際教育支援センターは「国籍を問わず、広く国際的視野を有する人材の育成」を目標に活動 しています。人と人とのつながりを重視し「体験と対話」「相互交流ネットワークの構築」を共通コンセプトとする国際教育支援センターの活動範囲は、留学生 向けの日本語教育・生活支援に留まらず、日本人学生を主対象にした教育活動や海外派遣のサポート、さらにはキャンパスでの交流環境整備や地域での共生支援 など、きわめて多岐にわたっています。

施設の概要

国際教育支援センターの活動は重層的・複合的なものばかりですが、あえて区分するなら大きく4つの領域に分かれます。

アジア・アフリカ交流センター

愛媛大学は、インドネシア、フィリピン、ネパール、モザンビークを国際連携の拠点国として位置づけ、国際連携活動を集中的に展開する方針を打ち出しています。アジア・アフリカ交流センターでは、拠点国における高等教育機関との教育研究の連携を推進し、各地域の高等教育機関と公的セクター、民間セクターとの連携をも促進しながら、持続可能な社会の実現に必要な地域力の向上をめざします。
アジア・アフリカ交流センターの活動の一つの柱としてESD(持続発展教育)の国際展開とESDを通じた国際連携を促進します。アジア・アフリカ交流センターは、世代内(地域間)、世代間、種間の公正を保ちながら自然環境、社会文化、経済が持続的に発展する社会を構築するために、海外の高等教育と連携しながら、アジア・アフリカ地域を発祥とする自然共生型の倫理観を基調としたESD協働カリキュラムを開発し、国内・国外で展開していきます。
※ESDはEducation of Sustainable Development(持続可能な開発のための教育)の略です。

About IIR

History of IIR

Ehime University recognizes the great importance of internationalization, not only in research, but also in education and in building strong, collaborative partnerships abroad. The Institute for International Relations(IIR)was established in April, 2009 to plan our international strategy,?to expand our international network, to provide information on grants, to support incoming and outgoing educational program and to develop activities in our core regions.

Outline

In addition to accepting and dispatching researchers, teachers and students, the Institute for International Relations is central to academic exchanges and the university’s international contributions. The Institute set up a flexible international exchange organization that responds to the requirements for international exchanges in the various organizations on campus.?This includes support for long-term overseas study for Japanese students, support for employment of international students, and maintaining and enhancing an environment for on-campus international exchanges.?In short, the Institute plays a central role in promoting the university’s international relations. Following is a description of the main activities of the IIR.

Office of International Planning (OIP)

The office is responsible for mapping out international strategy for the university and finding the financial support to implement it.

Center for International Education (CIE)

The CIE provides Japanese language and culture education for international students. It is also active in planning and providing support for study abroad. Counseling and study abroad programs for Japanese students and trains those who want to teach Japanese as a foreign language.

Asia-Africa Center (AAC)

The mission of the Center is to promote close cooperation with instructions in our three core regions: Indonesia, Nepal and Mozambique. It also contributes to the development of a sustainable society by linking public, private and regional institutions. Major projects include capacity building in education for sustainable development, education for disaster mitigation and research in sub-tropical and tropical environments.

愛媛大学の国際戦略

1.愛媛大学の国際戦略目標

愛媛大学は、「愛媛大学憲章」に謳う目標の具体化を通して、「学生中心の大学」「地域にあって輝く大学」の実現を目指し、教育面では学生の視点に立った大学づくりを、研究面では地域・環境・生命を主題とする研究の重点的な取り組みと世界レベルの研究拠点形成を、社会貢献面では優れた人材の輩出と学術研究成果の還元による社会の持続可能な発展への貢献とを一体的に推進しています。

愛媛大学はこのような取り組みを通して国際社会に貢献してきましたが、一方でグローバル化が加速して社会のあらゆる活動が直接・間接的に世界につながっている状況の中で、大学もまた新たな理念のもとで国際化に積極的に対応することが求められています。それは一言で表すならば、恒常的に国際社会と交流する大学づくりです。そのためには教育・研究・社会貢献の各分野における国際化をさらに推進するとともに、それらを支えるインフラを整備しなければなりません。

愛媛大学は、平成21年度に2センター1室(国際教育支援センター、アジア・アフリカ交流センター、国際連携企画室)から成る国際連携推進機構を設置しました。これまで同機構が中核となって、国の留学生30万人計画に対応した組織的な取り組み、拠点国に特化した国際連携展開、アジア人財資金構想事業(経済産業省)を核とした留学生の就職支援体制構築、日本語教育のプログラムを活用したアジアとの連携など、種々の意欲的な取り組みを展開してきました。

こうした実績の上に立って、愛媛大学は以下の国際化推進基本戦略を掲げ、「学生中心の大学」「地域にあって輝く大学」の実現に加えて、「国際性豊かな人材を輩出する大学」「世界から人が集う大学」をつくることを目指します。

2.愛媛大学の国際化推進基本戦略

(1)世界の人々と協働できる人材を育てます~国際標準化した教育体制による人材育成~
  1. 単位互換制度、ダブルディグリー・プログラム、英語による授業など国際的に通用する教育制度・教育方法の開発に努めます。
  2. 世界の人々と交流し、国際社会を実感するための海外派遣プログラムを拡充します。
  3. 国際的な大学間交流協定のもとで優秀な留学生、外国人研究者を組織的に受け入れます。
  4. 地域に立脚する大学として、地域とのネットワークを活用しながら留学生の教育・就職支援を充実させます。
  5. 正課教育及び正課外教育において国内外の学生が相互に影響し合い、高め合う場を創出します。
(2)学術研究において国際ネットワークを構築します~アジアを中心とした国際展開~
  1. 先端研究センターを中心とする研究拠点において国際ネットワークを構築し、愛媛大学の知の国際的プレゼンスを高めます。
  2. アジアの拠点国等において大学間ネットワークを構築し、共同研究及び教育研究支援を推進します。
(3)世界の人々とともに地域の課題に取り組みます~地域の特性に応じた国際連携~
  1. 四国地区において築いた産官学連携を基軸として、拠点国等において国際的な地域間連携を推進します。
  2. グローバル社会における共通的重要課題である環境・防災・感染症問題等に対して、グローカルな立場から国際連携を推進します。
(4)国際通用性のあるキャンパス環境をつくります~ソフト・ハードインフラの整備~
  1. 国内外の学生・研究者・職員が日常的に語り合い、協働できるキャンパス環境をつくります。
  2. 国際業務に関する学内の協働体制の構築、国際業務担当職員の育成と能力開発、文書の多言語化対応等、グローバル化に相応しいインフラを整備します。
  3. 留学生や外国人研究者の宿舎をはじめとするセーフティ・ライフのためのインフラを充実させます。

Ehime University International Strategy

Ehime University has put forward basic strategic goals, listed below, to promote internationalization and, through the realization of its mission to be student-centered and a guiding light in the region, it will create a place where people gather from all over the world and produce graduates with a well-developed global awareness.

  1. To cultivate people who can work well with others all over the world.? To foster human resources on an international standard of education.
  2. Build an international network through academic research.??International development centered in Asia.
  3. Considering regional issues with people from all over the world.? International relations responding to the characteristics of the region.
  4. Create a campus environment which is international in both the physical and mental aspects.

教職員

1.教員

国際連携推進機構長(愛媛大学副学長(国際連携・地域医療))
杉森 正敏(教授)(農学研究科)

国際連携推進機構副機構長(愛媛大学学長特別補佐(国際連携))
榊原 正幸(教授)(社会共創学部・理工学研究科)

国際連携推進機構副機構長(愛媛大学学長特別補佐(国際連携))
隅田 学(教授)(教育学部)

島上 宗子 (准教授)

国際連携企画室

室長  隅田 学(教授)(教育学部)

副室長 村上 和弘(教授)

ルース・バージン (教授)

国際教育支援センター

センター長 陳 捷 (教授)

副センター長 高橋 志野 (准教授)

村上 和弘 (教授)

伊月 知子 (准教授)

木藤 隆雄 (客員教授)

アジア・アフリカ交流センター

センター長 榊原 正幸 (教授)(社会共創学部・理工学研究科)

副センター長 小林 修 (准教授)

遅澤 克也 (教授)

栗田 英幸 (准教授)

グローバル人材推進室

室長 伊月 知子 (准教授)

副室長 泉谷 道子(推進コーディネーター)

室員 武田 壽  (客員教授)

室員 日野 正夫 (客員教授)

室員 一色 美和 (キャリアコンサルタント)

室員 菊池 英恵 (キャリアコンサルタント)

室員 深田 絵理 (非常勤講師)

2.職員

国際連携支援部

部長 前川 幸枝 (兼任)(総務部長)

 
国際連携課

課長 和氣家 孝夫

総務企画チーム(総務、会計、留学生就職促進プログラム推進室事務 担当)

国際支援チーム(国際交流協定、SUIJIプログラム、国際学術研究支援、愛媛・インドネシア友好協会事務局 担当)

学生交流チーム(留学生支援、学生海外派遣、国際交流会館、AINECS事務局 担当)

(平成30年4月1日現在)

Staff

1.Academic Staff (As of April 1, 2018)

IIR Director (Vice President of Ehime University (International Relations))
SUGIMORI, Masatoshi (Professor) (Faculty of Agriculture)

IIR Associate Director (Special Aide to the President of Ehime University)
SAKAKIBARA, Masayuki (Professor)(Faculty of Collaborative Regional Innovation・Graduate School of Science and Engineering)

IIR Associate Director (Special Aide to the President of Ehime University)
SUMIDA,Manabu (Professor)(Faculty of Education )

Office of International Planning

SUMIDA,Manabu (Professor)(Faculty of Education)

Associate Director MURAKAMI, Kazuhiro(Professor)

VERGIN, Ruth (Professor)

Center for International Education

Director CHEN, Jie (Professor)

Associate Director TAKAHASHI, Shino (Associate Professor)

MURAKAMI, Kazuhiro (Professor)

ITSUKI,Tomoko (Associate Professor)

Asia-Africa Center

Director SAKAKIBARA, Masayuki (Professor)(Graduate School of Science and Engineering)

Associate Director KOBAYASHI, Osamu (Associate Professor)

OSOZAWA, Katsuya (Professor)

KURITA, Hideyuki (Associate Professor)

2. Administrative Staff

International Relations Support Department
International Relations Division

Wakeya Takao(Head)

General Affairs & Planning
Global Academic Initiatives
Student Exchange

愛媛大学国際連携推進機構年報(日本語のみ)

Annual Report of IIR(Japanese Only)

愛媛大学国際連携推進機構の年度(4月~3月)毎の活動を報告する刊行物です。

関連情報

関連リンク

ページのトップへ戻る