愛媛大学国際連携推進機構

ホーム > 日本人学生 > 留学制度について

留学制度について

留学には,大学が協定を締結している機関(協定校)への留学と,自分で見つけた大学や語学学校など協定校以外への留学があります。ここでは,協定校への留学を説明します。

現在、参加募集中のプログラムはこちら

短期派遣プログラム

各学部等が提供する短期(1週間~3ヶ月未満)プログラムで,派遣先は主に協定校や大学関係機関となります。教員が引率する場合もあり,始めて海外へ行く,もしくは初めて留学を体験する学生さんにとっては,参加しやすいプログラムです。
プログラムの中には科目登録されているものもあり,単位が取得できるものもあります。

交換留学

愛媛大学では,諸外国の多数の機関と大学間交流協定を締結しています。上記短期派遣プログラムの他に,そうした本学協定校との交換留学制度がありますので,積極的に活用してください。
これは,愛媛大学に授業料を支払い,ある一定の期間(半年~1年間),協定校で学ぶことをいいます。この場合,愛媛大学に学費を支払っていますので,留学先へ学費を納入する必要はありません。
また,交換留学中は,愛媛大学に在籍しているものとみなされますので,1年間留学していても,学年進行に影響しないというメリットもあります。ただし,交換留学プログラムのなかには,プログラムに参加するために求められる語学能力のレベルが高いものがあり,語学能力証明(→TOEFL/IELTSなど)が必要となりますので,早くから計画して,準備をしておくことが大切です。
交換留学プログラムにおいて現地で取得した単位は,学部の規則に沿って審議のうえ,愛媛大学における単位として読み替えられることがあります。

交換留学のメリット
申請時期

春学期入学:例年11月締切(学内締切10月頃)
秋学期入学:例年5月締切(学内締切4月頃)

申請方法
  1. 所属学部窓口に「交換留学派遣申請書」を提出
  2. 国際連携推進機構から、交換留学生としての派遣の可否が通知される
  3. 協定校へ必要書類を提出(必要書類,派遣可能人数等は協定校ごとに異なりますので,個別にお問い合わせください。)
注意事項

全ての協定校への交換留学が可能なわけではありません。協定には,部局間協定と全学協定があり,国際連携推進機構では全学協定を取り扱っています。近年は,台湾,韓国の大学と積極的な交換を行っています。部局間協定校への留学を希望する場合は,各部局の担当者窓口をご紹介することとなります。
ビザの取得は申請者本人の責任で行ってください。

参加募集中のプログラム

短期派遣プログラム
2019年度 韓国語韓国文化研修

本学協定校の韓国・蔚山(うるさん)大学校の短期研修プログラムのお知らせです。
夏休みの3週間,蔚山大学校で韓国語を学び,韓国文化を体験するプログラムです。

台湾・開南大学 夏期中国語/英語・台湾文化研修

中国語/英語・台湾文化研修を通じて大学と教育の国際化に応えるとともに姉妹校交流を促進させることを目的として実施しています。
中国語コース(入門クラス/初中級クラス)英語コース(初中級クラス/上級クラス)のうち1つを選んで応募してください。

交換留学

現在、次の協定校への交換留学を募集しています。応募資格等の詳細は、下記の「2019年度後学期(国際連携窓口)交換留学派遣校情報一覧」を参照してください。

国名 協定校名
中国 天津外国語大学
韓山師範大学
中央民族大学
首都経済貿易大学
桂林理工大学
西安交通大学
吉林大学
上海師範大学
台湾 国立高雄大学
国立高雄科技大学
私立開南大学
韓国 私立蔚山大学校
国立忠南大学校
アメリカ カレッジ・オブ・レイクカウンティ(CLC)
ルイジアナ大学モンロー校(ULM)
カリフォルニア州立大学サクラメント校(CSUS)
フランス ブルゴーニュ大学
ルーマニア ブカレスト大学
バベシュ・ボヤイ大学

関連情報

関連リンク

ページのトップへ戻る