愛媛大学国際連携推進機構
   English    Japanese 


HOME > ニュース&トピックス > 「インドネシア経済セミナー in愛媛」を開催しました【平成29年6月30日】


「インドネシア経済セミナー in愛媛」を開催しました【平成29年6月30日】

平成29年6月30日(金),インドネシア経済セミナーを,愛大ミューズ3階会議室において開催しました(主催:愛媛・インドネシア友好協会,共催:JICA四国,ジェトロ愛媛,愛媛銀行,協力:愛媛大学国際連携推進機構)。セミナーには,県内企業関係者や,インドネシアに関心のある方,学生など定員を大きく上回る67人の参加がありました。

初めに,大上博基学長特別補佐(国際連携担当)が「協会の設立から9年がたち,インドネシアと愛媛との交流は着実に太く強固なものに発展しており,本セミナーを交流のさらなる深化の一助としたい」と挨拶しました。次に,在スラバヤ日本国総領事館の谷昌紀総領事がインドネシア経済の近況と東ジャワ州の概況について講演しました。谷総領事は,在インドネシアの日本大使館や総領事館の強みは地元の情報を持っていることであり,気軽に相談してほしいと述べました。続いて,ジェトロ((独)日本貿易振興機構)愛媛の鈴木隆之所長がジェトロの海外ビジネス展開支援事業について講演し,ジェトロ・ジャカルタ事務所にはジェトロ愛媛出身者が2人おり,インドネシア進出の際には気軽にジェトロのサービスを利用してほしいと述べました。

その後,休憩を挟んで,PT. Santomo Resources Indonesiaの山口智市社長が登壇しました。山口社長は,インドネシアでビジネスを展開するうえで注意すべき点について,独特の文書主義や横並び主義など,現地で合弁企業を経営する実体験を交えながら講演しました。続いて,愛媛銀行営業統括部東アジア業務推進室の森信之副調査役が講演し,ジャカルタにある国際機関,東アジア・ASEAN経済研究センター(ERIA)に今年3月まで出向していた際の調査成果に基づき,ASEANのインフラについて説明しました。続いて,国際連携推進機構の遅澤克也教授が,愛媛とインドネシアの地方(マカッサル)をつなぐ産学地連携について講演しました。最後に,JICA((独)国際協力機構)四国・中小企業海外展開支援アドバイザーの山内桂氏が,海外進出におけるJICAによる支援事業について,バリ島での実例を交えて紹介しました。

参加者からは,インドネシアでビジネスを行う際の宗教への配慮についてや,ASEANでのインフラ開発の将来展望などについて,質問がありました。セミナー後も,講演者と参加者の間で活発な意見交換や名刺交換が行われ,愛媛でもインドネシアへのビジネス展開に関心を持つ人や企業が増えていることを窺わせました。