愛媛大学国際連携推進機構
   English    Japanese 


HOME > ニュース&トピックス > シンポジウム「日本とモザンビーク 2つの大学が織りなすグローカル・コラボレーションPART2~愛媛大学とルリオ大学,医と農の交差が創る未来~」の開催について(案内)


シンポジウム「日本とモザンビーク 2つの大学が織りなすグローカル・コラボレーションPART2~愛媛大学とルリオ大学,医と農の交差が創る未来~」の開催について(案内)

各 位

 愛媛大学国際連携推進機構

シンポジウム「日本とモザンビーク 2つの大学が織りなす

グローカル・コラボレーションPART2~愛媛大学とルリオ大学,

医と農の交差が創る未来~」の開催について(案内)

 

このたび,愛媛大学国際連携推進機構では,モザンビークの協定校ルリオ大学から農学部長と看護学科教員をお迎えし,下記のとおりシンポジウムを開催します。

本シンポジウムでは,モザンビーク地域コミュニティの抱える問題,医学と農学の分野におけるルリオ大学のコミュニティ支援の取り組み,また,コミュニティ支援に関するルリオ大学との協働プロジェクトについて紹介し,相互の学び合いの可能性について考えます。

本シンポジウムの冒頭では,在日モザンビーク大使館からモライス特命全権大使をお招きし,日本とモザンビークとの外交樹立40周年を記念した基調講演を予定しています。

つきましては,多くの方のご参加をお待ち申し上げます。

日 時: 平成29年3月1日(水)13:30-16:30(受付開始13:15)

場 所: 愛媛大学城北キャンパス 総合情報メディアセンター メディアホール

(愛媛県松山市文京町3番)(地図リンク

内 容:

□基調講演 駐日モザンビーク共和国特命全権大使 ジョゼ・マリアS.V. デ・モライス

□現地報告 コミュニティを支援するルリオ大学のカリキュラム

ルリオ大学農学部長 マテンス・ジョアオ・マラッシオ

ルリオ大学健康科学部看護学科講師 ベロニカ・アメリコ・A.F.

□現地視察報告  愛媛大学医学部看護学科教授 佐伯由香

□愛媛大学の提案 愛媛大学国際連携推進機構准教授 栗田英幸

□講  評 外務省,JICA((独)国際協力機構)

 

来 賓(敬称略): 参議院議員 山本順三(愛媛選挙区選出) (予定)

駐日モザンビーク共和国特命全権大使 ジョゼ・マリアS.V. デ・モライス

同 一等書記官 イルダ・トリゴ・ライヴォーゾ

ルリオ大学農学部長 マテンス・ジョアオ・マラッシオ

ルリオ大学健康科学部看護学科講師 ベロニカ・アメリコ・A.F.

外務省中東アフリカ局アフリカ部アフリカ第二課

JICAアフリカ部

主 催: 愛媛大学国際連携推進機構アジア・アフリカ交流センターモザンビーク交流推進班

参加申込先URL: https://goo.gl/lS57gX (※参加費 無料)

ちらしはこちら

お問合せ先:

愛媛大学国際連携課

電話:089-927-8959