愛媛大学国際連携推進機構
   English    Japanese 


HOME > 海外留学体験ブログ > 加藤弓恵 春休み中国短期留学2015


加藤弓恵 春休み中国短期留学2015

私は、今回の研修で中国に対する印象がガラッと変わりました。中国に行く前は、正直、中国人は礼儀が悪く、空気も汚く、とても住みにくい国だと思っていました。中国人観光客が日本のレストランで暴言を吐き、暴力を振るったというニュースをテレビで見たので、生きて帰ってこられるかなと中国へ出発する前日に不安と焦りも生じました。今思うと、無駄な心配だったとバカバカしく感じます。私がこの研修に参加した理由は、特別中国に行きたかったわけではなくて、ただ海外に行きたいという好奇心からでした。私は、中学生の頃から、日本にはない景色を見てみたい、日本と異なる点を見つけたい、日本にはない良さを見つけたい、見知らぬ地で見知らぬ人と会ってみたいと強く思っていました。新たな価値観、新たな自分を発見できるような気がしてとても海外に魅力を感じていました。そして、ふと今回の研修のパンフレットを大学内で見つけ、行くしかないと直感で感じました。親には反対されましたが、私は親のいうことよりそれ以上に中国という国を見てみたい、自分の目で中国の良さを見つけたいという思いのほうが勝っていました。中国の悪いニュースや大気汚染の悪影響が叫ばれている今日の日本社会に対して、本当にそうなのか?という疑問を薄々感じていた私は、一見は百聞に如かずという思いで、きちんとこの目で現状を見てこようと決め、中国への旅たちを決意しました。

初めて見る中国の景色は、私が思っていたよりも平和で安全で日本と変わらない印象を受けました。この時、私は変な先入観は捨てなければならないと身をもって感じました。そして、桂林理工大学に向かう途中のバスでは衝撃的なことがたくさんありました。まず、バイクに乗っている人がヘルメットをかぶっていないこと、信号に秒数が表示されていること、クラクションが常に飛び交っていること、家にカーテンがないこと、みんな外でご飯を食べていることです。どれもこれも日本では考えられないようなことばかりで圧倒されました。また、中国の木は、全て下のほうが白く塗られていました。これは、腐らないようにするためや水がきたときにどこまできたか分かるようにするためだということを学生の方に教えていただきました。中国初日で、こんなにも新たな発見ができ、胸がいっぱいになると同時にこれから2週間の中国がとても楽しみで夜も眠れないほどでした。次の日から、授業や文化体験が始まりました。私はその時本物の中国語に初めて触れました。少し予習はしていましたが、いざ中国語を目の前にすると全く分からずみんなにとても迷惑をかけてしまいました。しかし、先生をはじめみんながフォローしてくれて、なんとか乗り切ることができました。言葉が分からないと、人間関係を築く上で最も大切なコミュニケーションがとれず、言葉の大切さというものを痛感しました。そして、初めて円になって料理を取り合う食事を体験しました。その時に、荷物をとられないように上からカバーをかけていただいて、とても感動しました。こんなにも徹底して荷物管理をしているのに、なぜ中国は窃盗が多いのだろうと少し不思議に思いました。日本ではあまり見られないような光景だったため、新鮮でした。また、桂林理工大学の学生は、元気に外でよく遊んでいて、とてもノビノビしていてまさに大学生の理想像であるなと強く感じました。留学生寮のドアも開けっ放しで開放的であり、生き生きしているなと感じました。そして、桂林で一番心に残っていることは、中国人学生との交流です。10人の学生に対して1人というのは最初はとても過酷なことに感じました。しかし、中国語を話せず、理解できない私に対して優しく一生懸命日本語を使って何かを伝えてくださる姿をみて、やるしかない、やってやると思いました。私は分からないなりにも、授業で習った例文を発したり、ジェスチャーや紙に書いたりして必死に伝えました。そして、伝わった時に大きな達成感を味わうことができました。中国の学生たちと、一つになれた気がしました。また、大学内を案内してくれたりおいしい食べ物を教えてくれたりとても優雅な一時でした。今でも連絡を取り合うほど仲良くなれたし、彼女たちの日本語に対する情熱にとても感銘を受けました。負けてられないと良い刺激も受けました。私も中国語を勉強して、彼女たちと中国語で会話がしたいとこの日強く感じました。

そして、陽朔へ移動しました。川下りでは、牛、鳥、ヤギ、犬などたくさんの野生の動物がいて、また、川と山も綺麗にマッチしてとても自然を感じられました。日本にこのような場所があったら毎日行くだろうなと思いました。その日の夜に見た水上ショーは言葉にならないくらい大きな感動を味わうことができました。演出家はみんなプロではなく、市民であるといことにとても驚きました。今まで見たことのないくらい幻想的で綺麗で涙がでました。もう一度、いや何度でも見たいと思いました。日に日に日本に帰りたくなくなっていました。中国に住みたいと本気で思うようになりました。

北京の雰囲気は桂林とは全く異なっていました。飛行機から見る北京はキラキラしていてさすが中国の首都、都会だなと感じました。少し歩けばすぐ大きなショッピングモールがあり、地下鉄があり、なんでも揃っていました。北京での一番の収穫はなんといっても愛媛県人会の方とお食事ができたことです。そこで、私は衝撃の事実を知りました。それは、日本のマスメディアは、中国の悪いニュースだけをピックアップして日本で放送するから中国の印象が悪くなるということです。私は10日ほどしか中国で生活していませんでしたが、日本人が中国に対して悪印象を持たれるのは嫌だし許せませんでした。私はこの10日間の間で、たくさんの人と出会い、関わってきましたが、親切な方ばかりでした。これは胸を張って言えることです。日本ではよくない噂ばかりが流れていますが、実際はそんなことない、自分の目で見なければ分からないことはたくさんあると強く強く感じました。この時、私が中国に来た理由はこれだとハッとしました。中国に対して間違った印象をもっている人に中国の良いところを伝えていく、それが私が今回中国にきた意味、使命なのだと再認識しました。また、県人会の方たちは中国にとても誇りをもっており、中国の空気をきれいにしようと無我夢中でとても輝いて見えました。この出来事をきっかけに、中国と日本を繋ぐ仕事に興味を持ち始めました。陳先生、この度はこのような大変貴重な機会を設けてくださり、本当にありがとうございました。この2週間の研修の中で、言葉にできないくらいの大きな感動と、新たな発見と、たくさんの良い刺激と、かけがえのない仲間と、様々なことを吸収することができました。たった2週間と短い期間でしたが、私にとっては大きな長い長い一生忘れられない2週間になりました。また機会があったらぜひ中国へ行きたいです。私は今、愛媛大学に留学してくる人をサポートするために、チューターに参加しようと思っています。中国での研修のおかげで、今まで以上に国際交流にとても興味をもったし、新たな自分を発見することもできました。陳先生、また奥さん、たくさん迷惑をかけてしまって申し訳ありません。先生に叱られたことも良い経験です。本当にありがとうございました。また機会があれば、宜しくお願いいたします。