愛媛大学国際連携推進機構
   English    Japanese 


HOME > 海外留学体験ブログ > 清水雄飛 春休み中国短期留学2015


清水雄飛 春休み中国短期留学2015

・今回の留学に参加した理由

私が今回の中国短期留学の存在を知ったのは、ゼミでの紹介でした。私は二年生後期から、中国事情研究を行うゼミに所属しています。ゼミでは、中国の建国期から現在までの歴史、政策、思想、軍事、経済など多方面にわたり研究しています。ゼミで得ることのできる情報は本が主なので、情報によっては古いものもあります。また、普段マスメディアから得ている情報では中国の悪い部分ばかりで、中国の本来の姿を捉えることができません。そうしたことから、中国について自分の目で確かめたいと徐々に感じていきました。

そんな時に今回の留学の話を聞きました。私は中国語を履修していなかったため、少々不安もありましたが、中国のことを研究するゼミに入っていて、中国に行ったことがないのでは、説得力がなく、卒論や就活で強みにできないと考え、すぐに参加を決めました。

 

・中国短期留学を通して

桂林での数日間では、中国語の基本的な部分を学ぶことができ、中国語初心者の私にはとてもありがたかったです。また桂林理工大学の学生との交流を通して、中国が好きになり、中国人を好きになり、中国に対するイメージが変わりました。中国の人は優しい人ばかりで、とても勉強熱心だと感じました。今回の交流でかけがえのない友人を得ることができたのが、何よりの成果だと感じます。

北京では、世界遺産各地をめぐり中国のスケールに驚くばかりでなく、愛媛県人会の方との交流がありました。愛媛県人会の方々との食事会では、愛媛から世界に出て活躍しておられる先輩たちに貴重なお話をしていただきました。

後日、ご縁があり、三浦工業の岩崎さんに個人的にお話を聞くことができました。友人が人生で最高の財産であること、日の丸をしょって外国で働くことで得られるもの、外国の人は言葉が違うだけで中身は同じ人間だという話など、感動するお話ばかりで、勉強させていただきました。

今回の中国短期留学を通して、得られたものは多すぎて、その全てをこのレポートに書くことは難しいです。そのくらい新鮮で、充実した二週間でした。今回の留学を通して、海外の人と交流する楽しさを感じたのでよりいっそう語学勉強をしたいと思いました。今後は長期の留学も考えていきたいと思います。

最後に、留学費用を用意してくれた親と、この留学を引率してくださった陳先生には感謝の気持ちしかありません。二週間、陳先生のおかげで充実したものになりました。

ありがとうございました。