愛媛大学国際連携推進機構
   English    Japanese 


HOME > 海外留学体験ブログ > 藤岡実里 春休み中国短期留学2015


藤岡実里 春休み中国短期留学2015

 2月29日から3月15日までの計16日間における、中国短期留学についての報告をする。3月1日から7日にかけて、桂林に滞在した。桂林理工大学の留学生用の寮をお貸りして、桂林独特の文化を間近で感じさせていただいた。桂林では、観光と授業を行った。基本的な中国語の授業を3回、中国文化の授業を2回行った。
基本的な中国語の授業では、桂林理工大学の先生から、自己紹介、お店に行った時のよく使うフレーズを学んだ。今回指導をいただいた先生は日本語が話せないため、ほとんどが中国語でレクチャーされたのだが、私たちの中国語の理解度では到底理解できなかった。そこで、今回私たちと共に短期留学生として愛媛大学から来ていて、両親は中国人で中国語が話せる友人に通訳をしてもらいながら授業が行われた。その友人の通訳する姿に感銘を受けたと同時に、自分の中国語の学習度の低さを痛感した。
次に、中国文化の授業では、赤い紙をはさみで切ることでできる切り絵の製作を体験した。プロの方に見せていただいた切り絵の作品は、縁起の良い動物や植物を掛け合わせたもので、それぞれに願いが込められているという説明を受けた。最初に教えられた基本形は、紙を半分に折ってはさみを入れた後に開くと、両面同じ形をした作品が出来上がるというものだ。更に、同じ形が複数作れる方法も教わった。

1

切り絵製作体験授業

3月5日には桂林理工大学の学生と交流会をした。1人の日本人学生と7人の中国人学生という班構成で、2時間を大学内で自由に過ごさせていただいた。日本人が1人ということで最初は不安があったが、桂林理工大学の生徒のみなさんは日本語が大変上手で、優しい方ばかりで楽しい2時間を過ごすことができた。次の日には、特に仲良くなった桂林理工大学の学生と街巡りをした。スリに合わないように親身に注意を促し、桂林の美味しい食べ物をたくさん教えてくれた。一緒に街巡りをした学生の中に英語を先行している学生がいて、主に英語を使ってコミュニケーションを取った。日本の授業でなんとなくしていた発音では全く伝わらなくて、英語の発音を正確に行うことがいかに重要であったかを知ることができた。また、友人と自由行動中で店員さんと話すときに、自分たちの中国語のレベルに限界を感じた瞬間がよくあった。そこで、一か八かで英語を使ってみると、ありがたいことに英語を話せる店員さんが多く、英語だとスムーズに会話が進み、英語は世界に飛び立つときに身に着けておいて損はないと身をもって確信した。

 

桂林の1週間の滞在を通して、特に印象に残ったことは2つある。
1つ目は、外国語習得の重要性である。もし3か国語を話せるようになれば、現在のグローバル社会では大変有利になってくる。時間がある大学生のうちに英語と中国語を習得できるように頑張りたいと思う。
2つ目は、中国人の人柄のギャップである。これまで日本で生活してきた中で、私は中国に対して良いイメージは全くと言っていいほど持っていなかった。日本で報道されるニュースは、中国に関しては悪いニュースばかりが目立つ。また、日本で生活している中国人を見ていると、声が大きく自分勝手な行動が目立ち、特に関わったことがあるわけでもないのに、その一部の情報だけで中国人に悪いイメージを持っていた。実際に中国の桂林に行ってみると、ほとんどの店員さんの客への対応はぶっきらぼうで、悪い印象を持ってしまいそうになる。しかし、そのぶっきらぼうな接客は、日本のようにサービスが過剰でない文化なだけで、中国ではそれが普通なのである。ぶっきらぼうながらも、頑張って日本語でコミュニケーションを取ろうとしてくれる方もいて、愛媛大学の引率の先生と話しているときには笑顔で会話を楽しんでいる様子も見られた。通りを歩いているときには、見知らぬ人同士であるが、困っている人がいたら助け合っている様子も見られた。声が大きいという悪い部であると思っていた部分は、日本人の声が小さすぎるだけで、中国人のように声が大きくはっきり物事を話す方が私は好きかもしれない。このように、中国人は悪い人ばかりだという偏見が覆されて、周りの情報だけで判断して勝手に偏見の目を向けていた自分を見直す必要があると思った。もう一つの例として、知人から、中国のコーヒーは美味しくないという噂があると聞いていた。しかし、実際飲んでみると、日本のコーヒーと大差はなく、普通に美味しくいただけた。これからは、自分が身をもって体験したことを信じていきたいと思うようなった。
3月7日から9日は陽朔に滞在した。陽朔は観光が主であり、その中で最も印象的だったのは図騰古道だ。少数民族である原始的な広西壮族の生活を見ることができ、石器、陶器、自然トーテムポール、矢などが陳列されている。12000~7000年前の桂林の祖先の生活、宗教、狩り文化を学び、本物の広西壮族のみなさんと触れ合うことができた。広西壮族は女性の方が、地位が上であるそうだ。日本では、このような少数民族を見ることはできないので、多くの少数民族が存在する中国で、貴重な少数民族を見ることができてよかった。

図騰古道

図騰古道

中央民族大学の学生との交流

中央民族大学の学生との交流

 3月7日から15日は北京に滞在した。北京でも観光が主であった。3月11日の午前中は、中央民族大学の学生との交流会を行った。日本人と中国人の比が同じくらいで、授業一コマ分の時間の交流をした。桂林理工大学と学生と雰囲気が違ったが、親身に話してくださるところは共通していた。北京のおすすめの観光地、日本の歌手、中国の大学生の生活、恋愛など、いろんな話に花が咲いた。話の中で印象に残ったのは、私たちが今回交流した中には、寮で、6人でルームシェアしている学生が多かったことだ。また、自炊は危ないので禁止されているようである。日本にはこのような規則がないので驚いた。
残りは観光であり、その中で特に印象に残ったのは万里の長城である。万里の長城は、中国の観光地として大変有名であるので、中国に行くからにはぜひ行きたいと思っていた観光地の一つであった。1時間、自由に上り下りする時間をいただいたが、先生にそう言われたときは、正直、時間が少なすぎると思っていた。しかし、実際に上ってみたところ、階段の傾斜が異常に急で、上り始めて10分程度でばててしまった。眺めの良い場所にたどり着いたと思ったら再び同じような階段が現れて、何度上り切ったと思ってもきりがないという感じだった。万里の長城は、約24000キロメートルあると言われており、実際に見て、万里の長城の精度の高さも実感し、昔の人の技術の高さに非常に感激した。

万里の長城

万里の長城

 今回、私たちは中国の3か所を訪れたが、桂林と北京を比べると、全く違う特徴を持っているため、比較してみると実に面白い。桂林の交通は整備が行き届いておらず、原付をヘルメットなしで、3人乗りしていても警察は対応していないというのが衝撃的であった。反対に、北京では原付は禁止で、高級車しか走っていないと言い切れるくらいに高級車率が高く、日本ほど安心して運転できないが、交通は整備されていると感じた。北京のように、経済が発展して整備が行き届いていくのは良いことでもあるが、私は桂林のように、不便で危険なこともあるが、自由度が高い方が好きである。日本も、北京と似たように規則が細かく定められているため、市民にとっては快適で安心な生活が保障されているかもしれない。しかし、桂林では、日本ではできないような、食べ歩きや、道路を無理やり横断するなど、規則が細かく定まっていないからこそできることがたくさんあった。私が再び中国に行く機会があるならば、ぜひもう一度桂林に行きたいと思う。私が春休み中国短期留学に参加したのは、なんとなく申込期間中に、海外に行ってみたいという気持ちがあり、今回たまたま中国語の授業を履修していたからで、健全な理由で参加したわけではなかった。しかし、行く直前になって、お金がもったいないし、別に海外ではなくて日本国内でもよかったではないかという気持ちになり、この留学に参加を決めてしまったことを後悔した時もあった。しかし、今振り返ると、あの時申し込みをした自分に本当に感謝したい。今回初めて海外に行って、日本国内で閉じこもっていては気付けなかったことに気付くことができた。日本と中国は比較的近い国であるにもかかわらず、お互いの文化はまるで異なっていて、日本では当たり前だと思っていたことが通用しないのである。今回の中国短期留学で海外に興味が湧いて、グローバルな仕事にも初めて興味を持った。中国にはいつかもう一度絶対行きたいと思うし、中国以外の国にもぜひ行ってみたい。また、日本の大学に来ている海外の留学生とも積極的に交流していきたいと思うようになった。
また、中国には関係ないが、今回一緒に短期留学をした10人の友人とも出会えて本当によかったと思っている。最初は男女で距離があり、どうなることかと思っていたが、中国から帰った今でも仲は続いているくらいに仲良くなることができた。2週間、中国で良い意味でも悪い意味でも刺激的な生活を共に乗り越えてきたからこそであると思う。
この中国短期留学が私に与えてくれたものは非常に大きいが、この経験をどう生かすかは、私次第である。今回、運よく中国に行くことになってこのような良い結果になったが、今後は、どんな経験も良い結果につながるものであると考え、経験を積むことを惜しまず、好奇心を持って自分にとってプラスな選択をしていきたい。
10人の友人

10人の友人