愛媛大学国際連携推進機構
   English    Japanese 


HOME > 海外留学体験ブログ > 西口家新 春休み中国短期留学2015


西口家新 春休み中国短期留学2015

最初に、私がこの中国研修に参加した理由はとても不純なもので、こんな安い費用で桂林や北京に15日も滞在でき、しかもたくさんの世界遺産が見られるなんてほかにない!でした。しかし、今回の中国研修を終えて、中国観光ができただけでなく、将来の夢の再確認や新しい友達、新しい出会いができたなどと、私にとって非常に収穫の多いものとなりました。

まず、桂林では語学研修や中国の文化に触れる体験をしました。「ジェンジー」という中国の伝統的な民間芸術の切り絵はとても細かい作業が続く難しいものでしたが、初めての体験でみんなとおしゃべりしながら楽しんでできました。また、桂林ではたくさんの公園に行きました。公園といっても日本のような公園ではなく、敷地内には世界遺産や山、お寺が丸ごと含まれているとても広い場所でした。自然がたくさんあり、動物園もあったりと驚きました。そして、桂林理工大学日本語専修の学生たちとの交流は不安に思っていたが、みんな日本語がとても上手ですぐに打ち解けることができました。連絡先を交換するまで仲良くなることができ、今回の中国研修中でしか体験できないことで、とてもよかったです。

桂林を離れた私たちは、船に乗って陽朔まで川下りを体験しました。川下り中では、今まで見たこともない景色を見ました。川は底が深く、山はてっぺんがとんがっていて、不思議な地形ばかりでした。また、人生において一度見るか見ないかわからない、世界的にも評価が高い「リュウサンジェ」というショーは、自然を舞台にしていて何百人もの出演者で構成され、ライトアップなど素晴らしく感動しました。陽朔はとても栄えていて、夜はもっとにぎやかで、鍾乳洞があり、自然豊かで、想像していた印象とすごく違っていました。たった二日という短い期間の滞在でしたが買い物を楽しんだり、美味しいものを食べたりと満喫しました。

北京では、最初に天安門広場に行きました。ちょうど国会が開かれている時期で、警備が厳しかったです。そのあとに行った故宮はスケールが大きく、圧倒されました。夜の愛媛県人会の人たちとの食事会では、美味しい料理と北京ダックを食べながら、中国での仕事についての質問をして、とてもためになるお話を聞き、貴重な時間を過ごしました。後日に行った万里の長城は、一つ一つの段差が高く、登るのが大変でしたが、景色が壮大で楽しかったです。その日の午後は、明の十三陵と頤和園に行き、世界遺産を訪れたりと一日を堪能しまし、その後二日間の自由行動日を経て、帰国しました。

今回の中国研修は、すべて私にとって初めての経験でした。そのほかにも、私は中国語がある程度できていたので、みんなの通訳をしたりして過ごしました。とても貴重で、素晴らしい渡航で、私の一生の思い出になりました。これからまた中国や海外に行く機会があれば、ぜひ行きたいです。今回の中国研修で関わったメンバー、先生、愛大スタッフ、中国のみんなと素敵な体験をともにでき、感謝します。