愛媛大学国際連携推進機構
   English    Japanese 


HOME > 海外留学体験ブログ > 近藤嵩之 春休み中国短期留学2015


近藤嵩之 春休み中国短期留学2015

中国に強い思い入れもなく、ただ海外に行きたいという気持ちだけでこの短期留学に参加させてもらいました。初めての海外で不安でしたが、楽しすぎて不安なんてなくなりました。中国は少し怖いイメージだったけど、行ってみて中国に対する考え方が変わり、偏見を持つのは良くないと思いました。

世界遺産や観光地などの中国の様々などの場所を訪れて、日本との規模の違いや歴史の深さを感じました。万里の長城や頤和園、天安門、桂林の鍾乳洞などに訪れて、感激しました。自動車の運転の荒さや歩行者の信号無視、お冷がないなど日本とは違うことが多く、とても驚きました。原動機付自転車の見た目をした、電動の二輪車は免許がなくて走行できること、二人乗り、三人乗りをしていることなど驚くことがたくさんありました。文化や環境の違いを感じました。料理は辛い物が多いかったけど、美味しいものが多く大満足でした。蛙やサソリ、ヒトデなど食べたことのないものを食べられて貴重な体験になりました。買い物では買いたい物の値段が高いと思ったら、値引き交渉を行い自分の納得できる値段まで下げて購入するというものでした。日本でも家電の購入の時にやるとは聞いたことがあったのですが、実行したのは初めてで良い経験になりました。中国の人は商売をするのに、積極的でどんどん売ろうとしていたのがすごいと思いました。中国の人日本よりはかなり精神力が強いと感じました。滞在中空気が汚いと聞いていた北京は運が良いことに空気が汚くない日が続いたので、普通にマスクなしで外を出歩けました。桂林理工大学の生徒7人と班になり、話をしたのがとても楽しかったです。あまりできない中国語を頑張って理解してくれようとして、中国語を教えてくれたり、逆に日本語を教えたりと良い勉強になりました。

中国語が飛躍的な上達はしなかったですが、中国人と交流したことで少しは上達したと思うのでとても良い経験になりました。理系なので中国語を使うことは少ないかもしれないけど、将来これで学んだことを活かせれるようにしたいです。文化の違いを肌で感じ参加して本当に良かったと思いました。中国人と連絡先を交換し、連絡をとりあえる友達もでき、一緒に中国に行った人とも仲良くなり、様々な経験をして充実した二週間を過ごすことができたので、本当にこの中国研修に参加して良かったです。中国が好きになったので機会があれば、また行きたいです。