翻訳切り替えボタン
検索ボタン

JAPANESE 国内学生

海外渡航

危機管理セミナー

国際連携推進機構では、年に2回外部講師を招いて海外渡航のための危機管理セミナーを開催しています。

 

海外留学・語学研修に関わる危機管理セミナー

日時 2023年1月30日(月)18:00~19:30
場所 愛媛大学南加記念ホール
講師 JCSOS(特定非営利活動法人 海外留学生安全対策協議会)
対象者 海外留学・研修・語学研修の参加学生(個人旅行も可)、引率教職員、保護者
申し込み https://forms.gle/RTkiujibbQgZmMrRA
備考 セミナーポスター

海外渡航キット

国際連携推進機構では、海外渡航の際に必要な情報をまとめた「海外渡航キット」を学生や教職員に配布しています。一度に多数必要な場合は必要数を事前にご連絡ください。


海外渡航前の手続き等

※新型コロナウイルス感染症が流行している間は、別途大学が定める方針「学生の海外渡航について」にも従うこと。



    海外渡航届の提出

    愛媛大学では、海外渡航する際は事前に海外渡航届を大学に提出することを義務付けています。これは、海外で災害・テロ、感染症発生等の緊急事態が発生した際に、大学が学生の安否確認を迅速に行うためのものです。海外旅行、留学生の自国への一時帰国といった渡航の場合も提出する必要があります。

                        

    海外渡航届は修学支援システム上で登録をお願いします。渡航する場合には、必ず事前に、主学担教員(主指導教員)もしくは各学部担当チーム(もしくは国際連携課学生交流チーム)に相談の上、修学支援システムに登録してください。

                        

    また、文部科学省からは、危機管理の観点から、大学が実施するプログラムでの渡航かどうかに関わらず、大学が全学生の所在を把握するよう求められていますので、観光等のプライベートな渡航であっても必ず提出してください。

                        

    修学支援システムの操作については、以下を参考にしてください。                     
    修学支援システム学生用ポータル>各種マニュアル等                     
    「愛媛大学修学支援システム利用のてびき」P44~

外務省海外渡航サービスへの登録

以下のいずれかのサービスに登録してください。

関係者への周知

指導教員、家族等の関係者に、渡航することを連絡しておいてください。特に家族には、旅程や滞在先、連絡先を伝えておきましょう。
国際連携課では、海外渡航の際に必要な情報をまとめた「海外渡航キット」を学生や教職員に配布しています。一度に多数必要な場合は必要数をご連絡ください。

帰国後の手続き等

海外渡航帰国届の提出

帰国後速やかに修学支援システムより提出してください。

体調への配慮

帰国後体調不良が続く場合は速やかに医療機関を受診してください。その際は、渡航した地域について伝えて下さい。受診すべき医療機関が分からない場合は、総合健康センター(089-927-9193)へ電話でお問い合わせください。

  • リンク:愛媛大学
  • リンク:愛媛大学教育研究者要覧
  • リンク:イベント
  • リンク:留プロ
  • リンク:日本・インドネシアの農山漁村で展開する6大学協働サービスラーニング・プログラム
  • リンク:トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム
  • リンク:世界で学ぶ愛媛大学生
  • リンク:愛媛大学学生留学体験記デジタルパンフレット
  • リンク:愛媛大学基金
  • リンク:Outline of Ehime University